外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山形と東京で男女計3人を殺害したとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた無職浅山克己被告(47)=名古屋市昭和区=の裁判員裁判で、東京地裁(平木正洋裁判長)は11日、求刑通り死刑の判決を言い渡した。検察側は、浅山被告が同性愛の元交際相手2人を支配するため、邪魔になる家族を殺害したと主張。弁護側は、夫婦が死亡した山形市の放火事件について「殺意はなかった」とし、死刑回避を求めていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信