外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】南太平洋のニュージーランド領トケラウ諸島沖で10月上旬以降、ボートに乗ったまま行方不明になっていた14~15歳の少年3人が、通り掛かった漁船によって約50日ぶりに保護された。地元メディアが26日までに「奇跡の生存」などと報じた。同国紙プレス(電子版)などによると、少年らは約1300キロ離れたフィジー北東沖まで漂流。雨水を飲んだり、カモメを食べたりしたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信