外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は30日、南海トラフ巨大地震に備え、人命救助に向けた応援部隊の派遣や救援物資輸送の方針を定めた応急対策活動計画をまとめた。発生から3日以内に全国から自衛官や消防士、警察官ら最大14万2600人を、甚大な被害が想定される静岡など10県を中心に派遣することが柱。約1300ある各地の災害派遣医療チーム(DMAT)も直ちに出動させる。未曽有の広域災害に、国を挙げて対処する方針を鮮明にした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信