外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南から暖かい空気が流れ込んだ影響で日本列島は10日も、東日本を中心に気温が上がった。気象庁によると、東京都心で最高気温が25・3度など、国内29地点で3月としては観測史上最高となった。都心は、1876年の統計開始以来最も早い「夏日」。午後は寒冷前線の通過で気温が急降下。都心でも最大瞬間風速18・8メートルの北寄りの風が吹き、地表のちりが巻き上げられて視界が10キロ未満となる「煙霧」が発生した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信