外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 参院予算委員会は31日、税収見積もりの下方修正を盛り込んだ2016年度第3次補正予算案を自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決した。その後、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。与野党は31日の衆院予算委の理事懇談会で2月1、2両日に首相と全閣僚が出席して17年度予算案に関する基本的質疑を行うことで合意した。本予算を巡る与野党の論戦が本格化する。

共同通信