外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの損失隠し問題で、同社が巨額損失を穴埋めする目的で国内企業3社を買収した際、事業価値を大幅に水増しするなど不正な経理処理をしていた実態が11日までに、共同通信が入手した内部資料で分かった。監査法人の指摘で買収完了から1年後に修正せざるを得なくなり、3社の事業価値は約76%も下がっていた。3社買収は、オリンパス執行役員の弟で、投資ファンド経営の大手証券会社OBが持ち掛けていたことも判明。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信