外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3日午前7時40分ごろ、JR仙山線で停電が発生し、山形市の山寺―面白山高原間で、約300人が乗った山形発仙台行き快速列車(6両編成)が立ち往生した。けが人はいないが、乗客は5時間以上、車内に閉じ込められた。JR東日本仙台支社によると、同区間で雪の重みで倒れた木が、架線に接触したのが原因とみられる。

共同通信