外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本オリンピック委員会(JOC)は8日、柔道女子日本代表での暴力問題を受け、他の五輪競技での暴力やパワーハラスメントなどの実態を把握するため、31団体の強化責任者らに2日間の聞き取り調査を行った後に記者会見し、面談した全ての団体が問題は「なかった」と回答したと発表した。夏季競技は2008年北京五輪からロンドン五輪まで、冬季競技は10年バンクーバー五輪以降を対象に暴力、パワハラなどの有無を質問した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信