外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 羽田空港で31日、新規路線が就航し、未明から米国行きの便が出発、国際定期便が32年ぶりに本格的に復活した。31日に定期便として就航するのは、サンフランシスコやハワイ、バンコク、パリ、ソウルなど11都市。今後は順次、ニューヨークなどにも路線が拡大し、来年2月までに17都市、1日約50往復が就航する見込み。昼間は中国などアジア方面の近距離路線が就航する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信