外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省が4日まとめた4月1日時点の人口推計によると、15歳未満の子どもの数は前年比15万人減の1649万人で、1982年以来、32年連続で減少した。総人口に占める子どもの割合は同0・1ポイント減の12・9%で過去最低を更新、少子化社会が浮き彫りとなった。子どもの割合は50年に総人口の3分の1を超えていたが低下。70年代前半の第2次ベビーブーム期に24%台に持ち直したが、75年から39年連続で低下。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信