外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 災害に強い国づくりを目指す安倍政権の国土強靱化の関連予算について、全都道府県知事の約7割の34人が増やすべきだと考えていることが5日、共同通信社のアンケートで分かった。道路や公共施設などインフラ老朽化は10人が「かなり深刻」、30人が「いずれ深刻になる」と回答。南海トラフ巨大地震など大災害への備えやインフラの老朽化対策が迫られる中、知事の多くは公共事業費の財源不足に懸念を強めている。

共同通信