外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国会での与野党の対立に伴う地方交付税(普通交付税)の配分遅れにより、35道府県で現金が不足し、金融機関からの一時借り入れなど緊急の資金調達を迫られたことが30日、共同通信社のまとめで分かった。借入金の利子は少なくとも約4300万円に上り、最終的には国民負担となる。政局混迷で赤字国債の発行に必要な公債発行特例法案の成立のめどが立たない中、政府は財源の枯渇時期を遅らせるため、11月の配分も延期を決定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信