外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の鉄道の駅ホームに設置された転落防止の「可動式ホーム柵」と「ホームドア」が、大都市圏を中心に今年3月末現在で、全国28の鉄道事業者によって38路線の449駅で設置されていることが28日、国土交通省のまとめで分かった。昨年3月末からの1年間で17駅増加した。ホーム柵やドアは事故防止の切り札だが、多額の費用がかかる上、扉の数や位置が異なる列車への対応など課題も多い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信