外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 前橋市のスナックで2003年、対立する暴力団幹部に拳銃を乱射し、客ら4人を射殺したとして殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされた指定暴力団住吉会系の元組幹部山田健一郎被告(46)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は7日、被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。判決は、対立暴力団への報復という動機に酌量の余地はないと指摘。実行役だった被告の刑事責任は極めて重大と判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信