外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本豪雨による甚大な被害発生から2週間以上が経過、被害の大きかった岡山、広島、愛媛3県の避難者数は計4千人程度で推移し、減少ペースは鈍い。住宅の損壊や浸水で行き場を失い、仮設住宅などを確保できるまで滞在せざるを得ない人が多いとみられる。とりわけ高齢者らにとって長期の避難所生活は負担が重く、支援を続けていく必要がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信