外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小学校の新学習指導要領で学習内容が大幅に増えたことで教員の40%が「児童の学力格差が大きくなった」と感じ、「授業についていけない子が増えた」と考える教員も4人に1人に上ることが15日、ベネッセ教育研究開発センターの調査で分かった。センターは「難しい学習項目も低学年に移り、早い段階でつまずく子が増えている。学力格差がさらに開き、学習意欲が下がることが懸念される」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信