外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第6日は29日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス3回戦で42歳のクルム伊達公子(エステティックTBC)は2連覇を目指す第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に2―6、0―6で屈し、四大大会で2008年の現役復帰後初のベスト16入りはならなかった。シングルスの日本選手は全て敗退した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信