外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 揺れに敏感、暗闇が怖い―。遺児支援に取り組む民間団体「あしなが育英会」(東京)が東日本大震災で親が死亡したり、行方不明になったりした子の現在の保護者にアンケートをしたところ、5割以上が子の心身にまだ地震や津波の影響があると答えたことが17日分かった。アンケートの対象は、育英会の特別一時金の給付を申請した時点で0歳から大学院生だった子がいる1180世帯。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信