外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都の猪瀬直樹知事が徳洲会グループから5千万円を受け取った問題で、現金を保管したとする銀行の貸金庫を昨年12月と今年2月に利用した記録があることが16日、都議会総務委員会の集中審議で明らかになった。知事は妻(7月に死去)が利用したと説明した。貸金庫は今年5月に解約、別の銀行の貸金庫に現金を移していたことも判明した。

共同通信