外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)を使った臨床研究のデータ操作問題で、厚生労働省は9日、実態調査などに向けた検討委員会の初会合を開催。臨床研究をした5大学の研究室にノ社が提供した奨学寄付金は、総額11億3290万円であることがノ社の資料で分かった。各研究室は寄付金を臨床研究に掛かる費用に充てていたとみられ、製薬会社が費用や人員を丸抱えしていた可能性が高まった。

共同通信