外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 札幌市中心部を幻想的な光で彩る「さっぽろホワイトイルミネーション」が26日、大通公園や駅前通りなどで始まった。30回目となる今年は、過去最多の50万個の電球を使用している。芝生一面に7万5千個の電球が敷き詰められたオブジェ「クリスタル・リバー」が初お目見え。川が流れる上をタンチョウが舞っている様子を表現し、省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)を使用した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信