カナダのトロント大などのチームが、やりの先に付けて利用したものとしては最古となる約50万年前の石器を南アフリカで見つけたと、16日付の米科学誌サイエンスに発表した。これまで見つかっているものを約20万年さかのぼるという。チームは「ネアンデルタール人と現生人類の共通の祖先が、やり作りの技術を発展させたのではないか」としている。石器は南アフリカ北西部の遺跡で210個が発掘された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。