外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の経済財政諮問会議の下で人口減少対策を専門家が議論する「選択する未来」委員会は14日、50年後も実質国内総生産(GDP)で1・5~2%程度の成長率を維持する目標を掲げた最終報告書をとりまとめた。実現に向けて、2020年ごろをめどに少子化対策予算を倍増させることや、30~40代の女性の就業率を5%程度引き上げることを求めた。

共同通信