外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省は27日、2050年までの国土づくりの考え方を示した「グランドデザイン」の案をまとめた。10年に人が住んでいる場所の63%で人口が半分以下に減り、うち19%で人が住まなくなるという50年時点の推計を示して「地域消滅の危機がある」と指摘。生活圏を集約する「小さな拠点」や、複数の自治体が連携して分野別に役割分担する「高次地方都市連合」の推進を掲げた。

共同通信