外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は27日までに、世界の50歳女性の平均余命に関する報告書をまとめた。各国とも年々長くなる傾向がみられる一方、所得の高い国と低い国との間で余命の「格差」が広がっていると警告、対策を急ぐよう促した。報告書によると、50歳女性の平均余命は1985年から2012年にかけ、各国とも着実に延びている。しかし、高所得国の方が延びが大きい傾向がみられた。

共同通信