外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風などの風水害に備えて関係機関が事前に取るべき対応を時系列で整理した「タイムライン」(事前防災行動計画)を導入する動きが広がり、8月末現在で対象730市区町村のうち589市区町村で策定したことが10日、国土交通省の集計で分かった。防災対応の不備が問われた茨城県常総市の水害を受け、約1年前の216市区町村から大幅に増えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信