外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省当局者は8月31日、北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議を担当するサイラー特使が28日付で退任したことを明らかにした。協議再開の見通しがないことから、当面は後任を指名する予定はないという。

共同通信