外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スペイン通信などによると、南東部デニアで6日、体重6・02キロの女児が生まれた。スペインで自然分娩により生まれた赤ちゃんとしては、これまでで最も重いという。母親は英国人の40歳の女性。大きな赤ちゃんであることは分かっていたが「こんなに大きいとは思わなかった」。コロンビア人の父親も、用意していた服が着られない、と驚いている。(共同)

共同通信