外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 古墳時代に聖徳太子の父、用明天皇(在位585~587年)らが宮殿を構えた大和王権の重要地域・磐余にあたる奈良県橿原市東池尻町で、日本書紀や万葉集に登場しながら所在地が不明だった「磐余池」の一部とみられる6世紀の堤跡が見つかり、市教育委員会が15日、発表した。谷筋の水を堤でせき止める国内最古の「ダム式ため池」が一帯に広がっていたことが判明した。堤の上では6世紀後半の大型建物跡も確認。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信