外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海沖から四国沖の海底にある溝状の「南海トラフ」で最大級の地震が起きた場合、関東から四国、九州の太平洋側の6都県23市町村で、満潮時の津波高が20メートル以上になる可能性があるとの推計を、内閣府の有識者会議が31日公表した。震度7以上の地域は10県153市町村に及ぶとしており、国や自治体は被害想定を見直し、今後の防災計画に役立てる方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信