ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

60代男性、生体腎提供後に死亡

 埼玉医大国際医療センターで1月、生体腎移植の提供者の60代男性が腎臓の摘出手術後に体調を崩し、手術後34日目に死亡していたことが18日、分かった。生体腎移植での提供者死亡判明は4月の沖縄県のケースが初。提供者の女性が腎臓摘出中に大量出血し、死亡した。日本移植学会幹部は「今回は沖縄のケースと同じかどうか分からず、検証が必要。過去の実施例を含め、提供者の体調を調べている」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。