外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 核搭載した米軍艦船の日本領海への通過・寄港を容認した核密約に絡み、米政府が64年、日本の内閣改造後「核ミサイル搭載米潜水艦の寄港を認めない」との新任閣僚発言に危機感を募らせ、自民党の前外相大平正芳氏と密約内容を再確認していたことが1日、解禁された米公文書で判明。文書は新任閣僚が密約をほごにするかのような国会答弁をしたため、当時のライシャワー駐日米大使が大平氏に再確認を求めた経緯を伝えている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信