外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県が本土に復帰する前の1967年に、名護市辺野古沖を埋め立て、3千メートル級の滑走路を2本備えた大規模な基地を建設する計画を、米軍制服組トップの統合参謀本部議長が承認していたことが3日、分かった。共同通信が機密解除された米公文書を入手した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信