外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県明日香村の小山田遺跡で、7世紀半ばごろの巨大な方墳の一部とみられる石敷き溝が見つかり、県立橿原考古学研究所が15日、発表した。一辺50メートル超で、飛鳥地域で最大となる。研究所は「舒明天皇が最初に葬られた墓の可能性が高い」とみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信