外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中学校で急に目立ち始める不登校やいじめを減らす効果などを期待し、小学校との連携を進める市区町村教育委員会が全国で7割を超え、多くが「成果があった」と考えていることが30日、文部科学省が初めて実施した実態調査で分かった。小中連携は教員や子ども同士が交流することで変化を緩和し、学習指導上の効果も期待できるとして中教審でも促進策が議論されている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信