外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は2日、中旬は梅雨前線の豪雨、その後は猛暑に見舞われた7月の天候まとめを発表。東日本の7月下旬の平均気温は平年より2・1度高く、旬ごとの統計を開始した1961年以降最高。西日本と東日本は記録的大雨となった地点があった。地点別の月平均気温は、大船渡(岩手県)23・8度、仙台25・3度、千葉27・7度と、3地点で平年を上回り観測史上最高(大船渡は過去タイ)。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信