外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の社会保障制度改革国民会議が8月上旬にまとめる最終報告書に、現在は特例で1割に据え置かれている70~74歳の医療費窓口負担を2割へ「早急に引き上げるべきだ」と明記することが23日、分かった。政府内では、2014年4月以降に70歳となる人から順次、2割にする案が有力だ。報告書には高齢者医療向け支援金の計算方式を見直して、大企業社員が加入する健康保険組合の負担を増やす方針も盛り込む。

共同通信