外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は25日、13年度導入予定の新たな高齢者医療制度で、70~74歳の自己負担割合を原則1割としている暫定措置を見直し、13年度以降に70歳を迎える人から順次、2割負担にするなどの新制度案を「高齢者医療制度改革会議」に示した。将来の保険料試算も公表。後期高齢者医療制度から国保に移る75歳以上の人の平均保険料は、現在の年6万3千円から20年度に8万5千円、25年度には9万5千円となる見通し。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信