電話番号や名前が検索できるスマートフォン(多機能携帯電話)のアプリを通じ、利用者の電話帳データなど約76万件の個人情報が外部に流出し、インターネット上で閲覧できる状態となっていたことが6日、情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)への取材で分かった。同社によると、問題となっているのは、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」向けのアプリ「全国電話帳」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。