外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【香港共同】全日本空輸が世界に先駆けて導入した米ボーイング最新鋭旅客機787による初の営業飛行は26日、成田空港を出発し、香港に無事到着した。伊東信一郎社長は機内で取材陣に対し「787をきっかけとしてアジアでナンバーワンの航空会社を目指す」と意気込みを語った。787は、機内での乾燥を防ぐほか騒音が聞こえにくい機体構造になっており、快適性が向上。天井が高く、窓も従来の同型機より約1・3倍大きい。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信