外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米連邦航空局は19日、バッテリーの重大トラブルで運航停止となっているボーイングの最新鋭機787について、改良後の新バッテリーを承認したと発表した。事実上の運航再開許可に当たり、運航停止から約3カ月で787は再び空を飛ぶことが決まった。今回の判断を受けて、多くの787を保有する全日本空輸や日本航空は運航再開計画の策定を本格化する。乗客を乗せての運航再開は6月になる見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信