外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バッテリー発煙トラブルを起こしたボーイング787について、太田国土交通相は26日朝の記者会見で、全日空と日航に対し同日夜、運航再開を承認すると明らかにした。米連邦航空局(FAA)が26日付で運航停止命令を解除するのを受け判断した。FAAはボーイングが設計変更したバッテリーシステム搭載を条件としているが、国交省はさらに飛行中にバッテリーの電圧データを地上に送信し監視するなど独自の安全対策を求める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信