外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 運航再開に向け訓練飛行中の全日空ボーイング787で4日、電気系統の配電盤の一部が熱で損傷するトラブルが起きていたことが16日、全日空への取材で分かった。全日空によると、配電盤を点検した米ボーイング社の整備ミスが原因で、発煙トラブルのため改修したバッテリーシステムとは無関係という。国土交通省は787を保有する日航と全日空に対し、全機で同様の不具合がないか点検するよう指示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信