外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同=辻村元樹】米ボーイングは22日、バッテリーの重大トラブルで運航停止となっている最新鋭機787について、米連邦航空局に運航再開に向けた対応策を提示した。ボーイングの商業機部門トップとFAAのフエルタ長官がこの日会談した。バッテリーの重大トラブルについては現在、日米の運輸当局が調査中で原因はまだ判明していないが、ボーイングは対応策を講じることで早期の運航再開を目指したい考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信