外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ボーイングが、発煙トラブルで運航停止となっている最新鋭機787のバッテリーについて、設計変更を検討していると米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が6日、報じた。火災の可能性を最小限に抑えるためという。ただ、航空機の部品の設計変更は運輸当局の承認が必要とされる。同紙はトラブルの原因が判明しない中での設計変更を当局が認めるかどうかは不透明としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信