外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米ボーイング民間航空機部門のレイモンド・コナー社長らが15日、都内で記者会見し、バッテリー発煙トラブルを起こした787について、改良したバッテリーを搭載し飛行試験などの審査が順調に進めば、数週間以内に運航を再開できるとの見方を示した。ボーイングは、米連邦航空局と日本の国交省にバッテリーの改善案を既に提示。FAAは12日、飛行試験などで改善案の有効性を立証するとしたボーイングの計画を承認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信