外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ボーイングは7日、最新鋭機787を米国内で飛行させたことを明らかにした。納入前の機材で、生産過程での移送を目的とし、米連邦航空局(FAA)の許可を受けた。トラブルはなかった。7日にテキサス州フォートワースを離陸し、ボーイングの拠点があるワシントン州エバレットに着陸した。米メディアによると、787の飛行は、相次ぐトラブルで日米など各国が運航停止を決めた1月中旬以来、初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信