ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

7~9月の中国成長率、7・4%

 【北京共同】中国国家統計局は18日、2012年7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比7・4%増だったと発表した。四半期ベースの経済成長率としては、リーマン・ショックの影響を受けた09年以来3年ぶりの低水準。4~6月期に続いて8%を割り込み、7四半期(1年9カ月)連続の減速となった。欧州債務危機に伴う輸出鈍化や政府の住宅市場引き締め策などによる内需低迷が要因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。