外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国が要件を緩和して導入した原爆症認定の新基準で申請を却下された近畿地方の8人の被爆者が、却下処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は2日、全員を原爆症と認め、処分を取り消した。さらに国に認定も義務付けた。新基準は、原爆症認定の集団訴訟で国敗訴が相次いだため2008年に導入。しかしその後も却下が相次ぎ、被爆者らが提訴し、すでに国敗訴の判決も出ている。

共同通信