外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は12日、有識者による電力需給の検証委員会を開き、沖縄を除く電力9社管内での今冬の需給対策づくりに着手した。他社からの融通に制約がある北海道では節電目標が必要かどうかを検討、その他の8地域は数値目標や計画停電の準備を見送る方向で議論が進むとみられる。9社の来年1~2月の需給予測は、供給余力を示す予備率が最低限必要とされる3%をいずれも上回った。節電や供給力増強で乗り切る見通しが強まっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信